バイクの怪我防止

バイクの怪我防止

バイクでは怪我を防ぐために対処しておくこと

バイクでは怪我を防ぐために対処しておくことも大事です。
これはけっこう基本的な内容となっています。
例えばサンダル等で運転しない、ヘルメットをきちんとかぶる、ジーンズなど生地が厚いものを着用するといったことです。
これらのことをするだけで、かなり効果があります。
バイクですがそれこそ転倒の際は、体がもろにダメージを受けてしまいます。
ダメージを受けるにしても防御しておけば、最小限の怪我ですむというわけです。
バイクを乗る以上、そうした心得はぜひとももっておきたいところですね。
また上着については、革ジャンなど厚手の生地がおすすめです。これも転倒の際、体のダメージをやわらげるポイントとなります。
怪我を防ぐ1番のポイントは、スピードをあまりださないことです。
当然ながらスピードを出すと怪我のリスクは高まります。
逆にスピードをあまりださないと、怪我のリスクは低くなります。
30kmで転倒するのと、50kmで転倒するのとではまるで違ってきますよね。
その点も含めて、怪我のリスクを見極めることが大事です。
バイクでの怪我は上記についても、ぜひとも参考にしてほしいところです。
まずは自分の服装を見直すこと、そして怪我のリスクをしっかりと考えることです。


ホーム RSS購読 サイトマップ